ローヤルゼリーの歴史とは

ローヤルゼリーは蜂の体内で作られる栄養価に優れた食品です。
含まれている栄養や効果を詳しく知らなくとも、名前だけは聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか?
それだけローヤルゼリーは馴染みのある食品となっています。
そんなローヤルゼリーがいつから人々の間で親しまれるようになったのか、時代を遡って見ていきましょう。

ローヤルゼリーの歴史

ローヤルゼリーがあったとされるのは今から約2400年も前のことです。
日本でいうと弥生時代にまで遡ります。
その記録を残しているのは古代ギリシャの哲学者“アリストテレス”です。
アリストテレスの著書である“動物誌”には、“濃厚な蜂蜜に似た黄淡色の柔らかいもの”という記述があり、それがおそらくローヤルゼリーではないかと考えられています。
“ローヤルゼリー”と呼ばれるようになったのはそれからずっと後の1800年頃になります。
スイスの蜜蜂研究者が記した“蜜蜂の新観察”の中で、“ゼレー・ロワイヤル”とあったのが始めとされています。
当時ヨーロッパでは栄養価の高さから「魔法の液」「奇跡の霊薬」と呼ばれていたと言います。
20世紀頃には、危篤状態であったローマ法王の命を救ったとしてローヤルゼリーの名は世界的に広まりました。

日本で普及したのはいつ?

日本へローヤルゼリーが伝わったのは明治22年のことです。
農学博士である玉利善造氏が最初に紹介し、その後週刊誌に取り上げられ、日本に広く普及したといわれています。
紀元前から知られていたローヤルゼリーですが、日本に広まってからまだ日が浅い食品でもあります。
それでも今多くの人がその名を知っているのは、ローヤルゼリーの栄養価やそれによる効果が非常に優れているからなのでしょうね。

さまざまな健康・美容効果が期待できるため、化粧品やサプリメントに多く使われています。
市販でも販売されており手軽に購入できますから、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
また、こちらのローヤルゼリーの体験談についても合わせてご覧ください