ローヤルゼリーは認知症にも効果あり?

さまざまな健康効果があるとして、今注目されているのがローヤルゼリーです。
血圧や血糖値の安定、うつの緩和やアンチエイジング、そしてなんと“認知症”にも効果を発揮するといわれているのです。
ここではそんな認知症とローヤルゼリーの関係をご説明していきます。

ローヤルゼリーは認知症に効果あり?

認知症を発症した人の脳を調べると、神経伝達物質の活性が低くなっていることが分かったそうです。
神経伝達物質とは、記憶や情報を脳内や体に伝達する物質のこと。
この神経伝達物質の一つに、ローヤルゼリーに含まれる“アセチルコリン”が挙げられます。
つまり、ローヤルゼリーを摂取することによって情報伝達がスムーズになり、認知症の予防や緩和に繋がると考えられるのです。
ある大学で行われた細胞実験では、ローヤルゼリーを投与した細胞は学習や記憶の情報伝達が活性するという研究結果も報告されています。

高齢化社会が進むと同時に、認知症を発症する人の割合も増えているようです。
現在では、65歳以上の4人に1人が認知症、またはその予備軍であるとされています。
症状や治療法にはそれぞれ違いはありますが、どれも脳細胞の働きが低下して生活に支障が出てしまうということに変わりはありません。
例えば記憶力や判断力の低下、うつや無気力などの感情障害、妄想や徘徊なども認知症の症状に当たります。

認知症は未だ有効な治療法が確立されていません。
だからこそ、普段の食品などから有効成分を摂取して改善していくことが大切になってくるのです。
ローヤルゼリーは今サプリなどにも多く使われており、手軽に摂取できるようになりました。
毎日の健康維持に、そして穏やかな老後の生活のためにも、今から習慣にしてみてはいかがでしょうか。
また知っておきたいローヤルゼリーの価格に関しても参考に合わせてご覧ください。